やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第12回「人質」

裏切った相手との誼の通じ方

所領を奪われそうになっている上に、同じ国衆の室賀正武を使って謀殺されかかった昌幸は、当然ながら徳川との手切れを考え始めます。
ただ、北条に加えて徳川とも敵対するとなると、別の強力な後楯が必要となります。そこで、以前に裏切った上杉を頼る羽目になるのですが、前回の裏切りがあまりにも鮮やかだったので、当然ながら上杉に拒否されてしまいます。
そこで昌幸が平身低頭した結果、信繁が上杉の人質として越後に赴くことになりました。以前の回で上杉景勝と対面した伏線もあったので、流れ自体はとても自然でしたね。

上杉家中の現状と上杉景勝の苦悩

上杉景勝という人物は義を重んじる人物と言われていて、真田信繁が生涯の中で影響を受けた一人であるのは間違いないので、どのように描かれるのかが楽しみだったのですが、良い意味で期待の斜め上を行く描かれ方がなされていました。
何よりも、越後の覇者上杉謙信の後継者としての理想と、上杉家中や所領の現状との間で苦悩する景勝像が等身大で描かれていたのが良かったです。
これまでに真田家中を中心に泥臭い陰謀劇を色々と見せつけられていたので、上杉家中に対しては清々しささえも感じました。

ツンデレ直江兼続

その苦悩する上杉景勝の描写があったからこそ、直江兼続の冷徹さや有能ぶりがより引き立ったのだろうと思いました。
ずけずけと主君景勝に異を唱えながらも、結局は主君の意に沿ったお膳立てを整える。
そのツンデレぶりに直江兼続の有能さが感じさせられました。
演技はくだけた感じではありますが、君臣水魚の交わりとはこの上杉景勝直江兼続にこそ相応しい言葉なのかなと思いましたね。

さて、ようやく上杉の後楯も整い、いよいよ最初のクライマックスの第一次上田合戦へ。
とにかく真田家中の獅子奮迅の活躍が見たい。
今は、その一言だけですね。