やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

「大陸」との微妙な距離の違いもあったかと

我が国においても、隼人あるいは熊襲蝦夷あるいはアイヌといった異民族の存在や渡来人の存在もあるので、複数民族イコール連合王国あるいは単一民族イコール我が国という考え方は少し違うとは思いました。

ただ、中国大陸と我が国には朝鮮半島が存在したのに対して、連合王国は直接大陸と向き合っていた違いはあるのではとは思いました。
事実、朝鮮半島は何度も中国からの侵略を受けていますし。
中国大陸から我が国へ渡るには朝鮮半島からは容易ですが、それ以外の海路は遣唐使の例を見ても分かる通りに昔はかなり危険も伴いましたしね。この微妙な距離の違いは昔においては意外に大きかったのではないかと思いますね。

まあ、我が国においても、刀伊の入寇元寇など海外からの侵略が皆無だったわけではありませんが、海上交通が未熟だった古代においては、この「大陸」との微妙な距離に助けられた面はあったのではないかと、個人的には思いますね。