やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

第一次上田合戦は真田家の存亡をかけた戦いでしたしね

広告

NHK 大河ドラマ真田丸」で、真田信繁が人質として赴いていた上杉家から第一次上田合戦に駆けつけたという描写がありましたが、それが史実ではないかという説を唱えた人の記事が、朝日新聞に掲載されていました。
全文を読むにはログインが必要ですが、一定回数は無料ログインが可能なので、気になる人は読んでみるのも良いのではと思います。

確かに、裏切らない保証としての人質が自由に動けるのは違和感があるのかもしれませんが、第一次上田合戦は真田家の存亡をかけた戦いでありましたし、真田に勝ってもらわなければ上杉も困った事態になりかねなかったでしょうしね。
上杉景勝為人や信繁自身が上杉家と十分な信頼関係を築いていたならば、可能性はあったのではとは思います。

このように、謎の多い史実を読み解いて仮説を立てるのは、歴史を学ぶ醍醐味の一つですね。
仮説が有力な説となるには、これからの史実発見の積み重ねが必要ですが、あの第一次上田合戦で信繁が初陣を飾ったとすれば、歴史物のネタとしては最高だと思います。
このようなことを妄想、もとい想像してみるのも楽しいかなとは思いました。