やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

操作感が変わるよりは現状維持を好むことの表れかと

広告

無償なのにアップグレードをしない心理には、アップグレードすることで操作感が変わることへの抵抗があるのかもしれません。基本的に一般の人が PC の操作に慣れるにはそれなりの時間が必要ですが、アップグレードすることでもう一度やりなおしが必要であるならば、ぎりぎりまでアップグレードをしないことを選択するのは想像の範囲内なのではないかと思います。

また、データの互換性の問題もあると思います。
個人であれ事業者であれ、長い時間をかけて蓄積されたデータを持つことは多いでしょうし、アップグレードによってそのデータの互換性が保てないならば、現状維持を選ぼうとするのは当然の心理だと思います。
セキュリティに問題が発生するといっても、予想されるが今は発生していないセキュリティ問題よりも、データの互換性の問題の方が確実性が高いなら、後者への対応を考えるのが自然な流れだと思います。

過去に XP からの移行があった時にも、似たような話がありました。
特に中小企業は、資金にせよ人材にせよ経営資源が少ない傾向はありますので、この辺りのフォローは PC なりソフトウェアなりを売る側は考えるべきだと思いますけどね。