やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第19回「恋路」

広告

警戒しながらも茶々のペースに振り回される信繁

今回は、タイトルの通り色恋沙汰がメインの話でした。
特に、警戒しながらも茶々のペースに振り回される信繁の描かれ方が、面白いながらもハラハラしっぱなしでした。
茶々の無邪気な表情の下に潜む影や、柔かな笑顔の中に垣間見る秀吉の恐ろしげな表情など、一見華やかさに彩られている豊臣家の中に見える恐ろしさが随所に出ていて、まるで信繁を主人公にしたサスペンスを見ている感じでした。

史上最強の猛将を舅とする羽目になる信幸

一方、徳川の与力大名となった真田家は、嫡男信幸に徳川との縁談が持ち上がります。
相手は、あの暑苦しい猛将本多忠勝の娘・稲。
舅となる藤岡さん扮する忠勝に殺気漂う目線を投げつけられたりなど、まさにご愁傷さまな信幸なのですが、大泉さん扮する信幸の顔芸やセリフで逆に思わず笑ってしまいました。
ただ、こうなるとおこうがどうなるかが問題ですね。
作中でさらりと触れられていましたが、もともとおこうは昌幸の兄信綱の娘で、長篠の戦いで父信綱が戦死したために家督を継いだ昌幸の元で信幸の嫁となった経緯がありますし。
同じ徳川家康の養女を正室にした池田輝政黒田長政などはその前の正室を離縁していますが、信幸の場合はどうなるかが見ものです。

桜吹雪はこれからの豊臣家を象徴しているのかなと思いました

再び舞台は大坂と京へ。
茶々との仲が噂になったり、清正に殺されかけたり、そして最終的にバレて恐怖モードが入った秀吉とご対面したりと、信繁もなかなかな綱渡りをする羽目に。
史実を知っていても、信繁が棺桶に足を突っ込むような目に遭わないかとハラハラしました。
結局は、茶々が秀吉の側室になることを承諾して騒動が収まるわけですが、その中でこれでもかと桜吹雪が舞う演出がされていたのには感心しました。
前の回では、満開の桜を目の前にしてうなだれる昌幸を描くことで、桜を絶頂期の豊臣家の象徴のようにしておいて、今度は茶々が側室になる過程で桜を容赦なく散らしていく。
季節の描写もあるのでしょうが、ことさら桜吹雪を強調することで豊臣家の盛衰を描いたのは見事だと思いました。
ひょっとしたら穿ち過ぎなのかもしれませんが。

ただ、先の信繁の歩みを考えると、今回は十二分に伏線は張られていたと思います。
史実は明らかにされていますが、それでも先が読めないこのドラマは、個人的には久しぶりに楽しい大河ドラマではあると思いますね。