やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第26回「瓜売」

秀吉の影に怯える秀次

鶴松が亡くなって気落ちしたのか、秀吉は関白を甥の秀次に譲り、自身は太閤になります。
が、その後で秀吉自身が朝鮮出兵を進めます。引退する気はさらさらなかったようで。
中国の王になるという話はこれまでも様々な大河で描かれていましたが、武士の失業対策というのはなかなか斬新な切り口でした。
で、またそこで茶々が再び懐妊したとの知らせが。
そこで微妙な立場に立たされたのが関白秀次。
周囲との会話や幼な子が夭折したことに対する秀次の言葉など、絶対的な叔父秀吉の影に怯える秀次の姿がかなり真に迫っていました。

やつしくらべという名のコスプレパーティー

一方、朝鮮出兵が停滞する中で、秀吉が思い付いたのがやつしくらべという名のコスプレパーティー。祭好きの太閤秀吉らしい思い付きです。
そこで昌幸パパは瓜売の扮装をしようとしますが、よりによって秀吉と扮装が被ってしまいました。しかも、昌幸の方が上手いという流れには笑ってしまいました。
そこで片桐且元徳川家康までも巻き込んで右往左往する様は、さながら喜劇じみていて面白かったです。
今回の真田丸は、このような幕間狂言っぽい話が随所に入っていていつも楽しませてくれますね。

おとりさんの遺言

そして、真田家のゴッドマザーおとりさんの容態が急変したとの知らせが。
慌てて上田に戻る真田父子。
真田家一門が勢揃いでおとりさんを看取る話かと思いきや、そこはやはり三谷脚本なわけで。
瓜売ネタと昌幸パパにさせて盛大に大コケさせたりとか、あの有働アナの「ナレ死」をキャンセルしたりなど、本当にやりたい放題だなと思いました、面白い意味で。
それだけに、信幸と信繁兄弟におとりさんが語った「遺言」が胸にしみたのかなと思います。後世のことを考えると、余計にしんみりしましたしね。

個人的には、おとりさんの真田丸での描写は本当に良かったです。昌幸の父真田幸隆と夫婦での活躍をスピンオフで描いてくれたらと思ったくらいです。
面白そうと思うのは私だけでしょうか?