やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

「走る凶器」を運転しているという自覚はなかったのでしょうか?

一昨日、長い付き合いだった友が事故で亡くなりました。
渋滞待ちをしていたところへトラックが衝突。
車は現状をとどめないほど大破していました。
このような事故は全国各地で報道されることが多いですが、まさか、身近な友が巻き込まれるとは思ってもみませんでした。

衝突したトラックの運転手は、落とした携帯電話に気を取られたという趣旨の話をしているそうですが、個人的には「走る凶器」を運転している自覚はなかったのかと腹立たしく思っています。
これは、他の同様の事故にも言えることではないかと思います。

一昨日からショックで落ち込んでいたのですが、葬儀も終えましたし、明るく面白い話が大好きだった友の手前、いつまでも悲しんでばかりもいられないので、これからは元気を振り絞ろうとは思っています。
むしろ、友の分まで長生きして、たくさんの土産話を抱えてあの世へ行きたいと思いますね。