読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第28回「受難」

テレビ 歴史

すれ違う太閤と関白

叔父である太閤秀吉の影に押し潰されたのか、関白秀次がついに聚楽第を出奔。
何とか間を取り持とうと奔走する信繁ですが、事態はどんどん悪化していきます。
客観的に見れば、秀次が素直に詫びを入れれば丸く収まったのだろうと思いますが、それすらも出来ないほど追い込まれていたのだろうと思います。
それほど、豊臣家の中では秀吉が絶対的な存在であったのだということでしょう。秀吉本人はそこまで思ってはいなかったのでしょうが。

史実通りの一族誅殺とたかの扱い

で、史実通りに秀次は切腹、一族は女子供まで誅殺されます。
ここで信繁の妻になるはずの秀次の娘たかの扱いが気になったのですが………かなり直球でした。
秀吉に直談判はさすがに無理があるかなとは思いました。秀吉は秀次に対してカンカンですし、一歩間違えれば信繁も巻き添えで殺されるほどリスクが高かったでしょうし。
これなら、秀吉には内緒にしたままでルソンへ「亡命」させる方が、まだ自然だったのではないかとは思いました。

殺生関白のイメージを覆した点は素晴らしかったです

ただ、この真田丸の一連の秀次の描写は、とても素晴らしかったです。
新しい秀次像を提示したと言っていいくらいだと思いました。
武田勝頼北条氏政、そして豊臣秀次
この真田丸は、これまで先代の偉大さに対して否定的な評価が与えられていた人物にスポットライトを当ててきましたが、今回の秀次も十二分にスポットライトが当たっていたと思います。
これからも徳川秀忠豊臣秀頼なども出てきますが、このままのスタイルで様々な人物を描いて欲しいと思いました。