やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第32回「応酬」

広告

やはり生き延びた模様

前回の終わりで瀕死の状態だった昌相ですが、何とか一命は取り留めた模様。
まあ、あの「死を呼ぶナレーション」もなかったですし。
次の再登場は関ヶ原でしょうか?

一対九、圧倒的な家康

秀吉の死後、遺言で五人の老衆と五人の奉行衆の十人の合議で政治を決することになったわけですが、徐々に家康の発言力が強まっていきます。
まあ、老衆はいずれも大大名ですが、中でも家康は抜きん出た存在ですしね。利家がまだ元気であったなら、家康を掣肘することも出来たのでしょうが。

したたかさが足りない三成

そんな中で家康に相対する三成ですが、所詮は奉行衆の一人なので軽くあしらわれる始末。
ですが三成の場合は、諸大名とのやりとりや宴席での態度などでも、本来であればもっと機転がきいた人物だったと思うんですけどね。そもそもは機転の良さで、秀吉にも気に入られていたわけですし。
ただ一方で、この人望がゼロに等しい三成が、いかに家康の向こうを張る大軍をまとめ上げるかは、この真田丸における関ヶ原までの見ものの一つだと思います。
信繁もそうですが、これからは島左近も出てくるでしょうし、更に病魔に冒されてはいますが大谷吉継もいますしね。

また、伊賀越え以来の家康の泣きっ面を見て笑い転げたい、もとい楽しみたいものです。