やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第33回「動乱」

広告

奸臣に仕立てられる不器用な三成

前回に続き、三成の痛々しさが辛い回でした。
自身は豊臣家を守るために動いていると考える三成ですが、周りの目はそうは見てくれません。
すれ違いや誤解、そして救いの手を払いのける不器用さ。
そこには平地に乱を起こそうとする奸臣三成ではなく、ひたすらに豊臣家に尽くそうとする三成が描かれていたように思います。
それだけに彼の不器用さが見ていて辛かったですね。

三成を救うために逆を張る信繁

一方、旗色が悪くなる一方の三成を見て、信繁も影で動きます。
三成に挙兵を諦めさせるために、徳川の味方になることを渋っていた父昌幸を徳川の下に走らせます。
徳川屋敷に参上した昌幸と家康との間に流れた微妙な空気には笑えましたが、これでほぼ帰趨は決まりました。

景勝登場、いよいよ舞台は関ケ原

ただ、三成はそれでも矛を収めず玉砕覚悟の行動に出ようとします。
この状態からどのように収まるかと思っていましたが、ここで満を持して上杉景勝が登場。
景勝が三成を抱きしめる場面は良かったです。
相変わらずクールな直江兼続といい、この真田丸では「直江状」に期待しても良いのかなと思いました。