やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第34回「挙兵」

広告

七将襲撃事件と三成

家康襲撃に失敗した三成。
その後も徳川方についた諸将との対立が続きますが、前田利家の死去に伴い、ついに七将襲撃事件が勃発。
自邸を退去する際に文書を気にする三成が、実に彼らしいと思いました。
事件は、大河にありがちな三成が家康邸に駆け込むという話も無く、家康の裁定で七将が矛を収めて終わりという形に。まあ、三成が家康邸に駆け込む話は史実性が薄いと言われてますしね。真田丸では取り上げなかったのは当然かなとは思いました。

淡々とかつ渋い直江状の朗読

今回は村上新悟さん扮する直江兼続の直江状の朗読が、淡々とかつ渋くて良かったです。
苦笑する景勝や激怒する家康なども描かれて、なかなか楽しませてもらいました。
出来れば全部を朗読して欲しかったのですが、さすがに無理でしたね。

昌幸の大博打再び

上杉の挙兵に対して、昌幸は再び大博打を打つことに。
武田の遺領を回復しようとする意欲は衰えてなかったようですね。
意外だったのは信幸の反応。
ここから次回にどう繋げていくのかが気になります。
信繁は家康との会話で、完全に反徳川の旗幟を鮮明にしているわけですが。

あと気になったのは、きりがよりによって細川ガラシャの元に身を寄せるという話。次回の展開を考えるとどんな目に遭うかが気になります。
そして、いよいよ次回「犬伏の別れ」へ。
とにかく期待の一言ですね。