やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

赤信号みんなで渡れば怖くないが我が国の国民性なのかも

広告

これらのルール無視の人々に呆れる以前に怖さを感じました。
ルールを逸脱しても目的を達成しようとする人々、しかも、周囲がルール違反をしているのを自らの行為の免罪符にして。
以前、ビートたけしさんが「赤信号みんなで渡れば怖くない」というギャグを飛ばしていたことがありましたが、そのまんまの光景が眼前に現れると、さすがに引きますね。

他の人がやっているからというのは免罪符にはなりませんし、何よりも自ら主体性を放棄したと宣言しているのに等しいと思います。
そこへ待っているのが、規制の強化であろうと思いますし。
自分で自分の首を絞めていることに、なぜ気づかないのでしょうか?