やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

どこでもドアは人類の夢ですがこの「どこでもドア」も鉄道業界の夢ではありますね

ネーミングについては論評を差し控えたいと思います。
商標は分野の指定ができますので、鉄道の分野での商標登録であれば懸念されるようなことは無いと思います。
まあ、不正競争防止法の周知表示混同惹起行為と取らえられたら何とも言い様がありませんが。(笑)

ただ、ネーミングは別にしても、この可動式のホームドアは、うまく作動すれば鉄道業界にとっては画期的なものになると思います。
駅での人身事故への対策として、ホームドアの設置は各地で進められていますが、扉の数が異なる車両を並行して運用している路線では、従来の固定式のホームドアが対応できないという問題がありました。
この問題への対策として、例えばJR西日本大阪環状線では、従来の4扉車を3扉の新車両へ入れ替えを進めることで対応しようとしていますが、この可動式のホームドアが実用化されれば、車両の入れ替えも不要になるので鉄道業界にとってはかなりメリットがある話だと思います。

もちろん、コストパフォーマンスを比較してどちらに軍配が上がるかという問題もありますし、うまく動作するかといった問題もあるでしょうが。
ですが、間違い無くホームドアの普及を後押しする技術でしょうし、駅での人身事故対策としては歓迎すべき技術だと思いますね。