やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第42回「味方」

大坂城五人衆というかドリフターズというか

大坂城に入城した幸村を待ち受けていたのは、愉快な牢人たちでした。
天下一品のこってりラーメンよりも濃厚なキャラで、この物語終盤の段階でどれだけ濃い新キャラを出してくるのかと思いました。
しかも、メンタリティはメンチを切る不良そのものなのですが、行動が昔のドリフターズのコントみたいで、見てて吹き出しそうになりました。

悲壮感漂う訣別となるはずが

一方、幸村の大坂入城を知った兄信之は大阪参陣を見合わせたことを後悔。
まあ、健康状態が思わしくないので仕方がないのですが。
その割には、幸村に与力するために大坂城へ向かおうとする作兵衛を阻止しようと、信之は大立ち回りを演じます。
激しい刀と槍のぶつかり合いだったので、悲壮感漂う訣別になるのかと思っていたのですが、最後は派手に大コケする実に三谷さんらしい展開に。
ですが、とても面白かったです。

昌幸パパが生きていればと思った大坂城の評定

再び舞台は大坂城内に戻り、秀頼を交えての評定が始まりましたが、予想通りの大荒れ状態に。
ここで昌幸パパが生きていて大坂城に入城していれば、得意の勢いとハッタリでその場を収めていたとは思いましたが、さすがに幸村にはそこまでの図太さはなかったですね。
その代わりに、評定の流れを読んだ上でうまく落とし所を見つけたのは、如才ない幸村らしいとは思いましたが。

大荒れの大坂城内ではありますが、意外に陰湿さはなかったのは救いかなとは思いました。
幸村自身も希望を持っているようですし。
この調子だと、大坂冬の陣での真田丸は大いに期待できるかなと思いました。