やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

真田丸第43回「軍議」

広告

大阪方の中で孤軍奮闘する幸村

大坂城五人衆が固まったところで、いよいよ軍議へ。
大勢が籠城策を唱える中で、幸村は亡き父が言い遺した先制攻撃を主張。
途中で軍議を退座したりと、自分の策を通すために色々とはったりを利かせ始めます。
しかし、毛利勝永を除いて全員が反対。

五人衆を各個撃破する幸村

そこで幸村は、毛利勝永以外の反対する牢人たちを説得することに。
こういう理をもって諭すのは得意なような感じです。
やがて、明石全登、長曾我部盛親、そしてついには後藤又兵衛も先制攻撃に賛成し、織田有楽の反対はありましたが、秀頼が先制攻撃に決したため、いよいよ京へ攻め上る策へと固まったかに見えました。

最後のどんでん返し

しかし、淀殿の反対で一転籠城に。
徳川に対抗するために多くの牢人を雇わざるを得ない立場でありながら、その牢人たちを信用できない豊臣の家中。
この一つを取っても、豊臣氏は滅びるべくして滅んだのかなと思います。
本来であれば、死中に活を求めるしかなかったと思うのですが。

籠城策が決まったことで、幸村は新たな策を練る必要に迫られます。
となると、今度はずっと伏線で張られていた「南」がクローズアップされますね。
いよいよ待ちに待った真田丸が見れそうです。