やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

六甲アイランドにある神戸市立小磯記念美術館に行ってきました

今回は六甲アイランドにある神戸市立小磯記念美術館へ、小磯良平氏の花々の水彩画を観に行ってきました。
小磯良平氏と言えば、写実的な油彩画があまりにも有名ですが、氏はかつて、武田薬品工業株式会社の機関紙である武田薬報の表紙絵を水彩画で描いていた時期があり、今回はその原画が多数展示されていました。
氏の水彩画は珍しいので、様々な水彩画が楽しめてとても良かったです。

この神戸市立小磯記念美術館には、他にも数多くの油彩画も展示されており、中庭には小磯良平氏のアトリエも移築されています。
常設の展示だけがされているのではなく、期間を決めて所蔵の絵画を少しずつ展示する方式のようなので、日を改めれば、別の絵画も楽しむことが出来そうです。
また別の時期に観に来ようかなと思いました。

六甲アイランドで植えられている木々が、紅く染まっていて秋を感じさせられました。
京都あたりでは、ちょうど紅葉が見頃かもしれませんね。