やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

アニメ業界のビジネスモデルが曲がり角に来ているのではないかと思いました

この会社が制作していたアニメをよく見ていたので、民事再生などの再生型の倒産ではなく、自己破産に追い込まれたのがとても残念に思います。
制作したアニメの権利がどうなるかが気になるところです。

ヒットが出なければ長続きしないのは、他の番組制作と同様なのかもしれませんが、アニメの場合は関連する業界全体が低価格体質なのが、構造的な問題ではないかと思います。
業界で働く人の賃金の低さもありますが、企業として利益が確保できるだけの売上が得られにくい事情もあるのではないかと思います。実際にバランスシートを見たわけではないので、あくまでもこれまでのメディアの報道やネット上の情報からの推測に過ぎませんが。

ただ、もしそうであるならば、国がクールジャパンの一翼としてアニメを持ち上げている以上は、業界の事情についてしっかりと目を向ける必要があるのではないかと思いますね。