やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

確かに現在かかる費用でもって発電コストが安い原発と喧伝するのはフェアではないと思います

広告

現在の発電コスト以外のコストをどこまで含めるか、未曾有のリスクをどこまで一電力会社が負担するべきかなどについては様々な議論はあると思います。
しかし原子力発電については、放射性廃棄物の処理についての将来のコストについては考慮すべきでしょうし、現在の発電コストだけで安価な発電手段と喧伝するのは無理があると思います。

以前から原子力発電は、発電コストが安く二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーという喧伝がされてきました。
東日本大震災による福島第一原発の事故が発生するまでは。
この喧伝されてきた神話が破綻したのは事実ですし、現状維持で突き進むだけではなく、それに対して多くの国民が納得できる発電の在り方を政府や電力会社は提示すべきだと思います。

もちろん個人的には、原子力発電の即時停止などは現実的な手段ではないとは思います。
ただ、将来的なリスクを想定してリスクヘッジを行なうのは、政府にせよ電力会社にせよ当たり前の行動ではあると思います。
現状は、原子力発電の再稼働ばかりに目が行って、他の発電源を開発しようとする姿勢に乏しいようにしか見えないのですが、そのことによって一定の国民の不信感として返ってきている現実を、政府や電力会社はもっと直視する必要があると思いますね。