読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」

テレビ 歴史

井伊家の背景がよく分かる導入部でした

駿府はともかく、井伊谷(いいのや)や井伊家のルーツなどはほとんど知らなかったのですが、地図が明示されたり、織り交ぜられたエピソードでの説明もあり、とても分かりやすかったです。
当時の大名の勢力や位置関係がよく分かるので、地図を見せてもらえるのは本当にありがたいですね。これは、大河ドラマだからこそ必要だと思います。

戦国時代は国衆に興味があったので

戦国時代は、織田や武田などのメジャーな戦国大名の話も面白いのですが、地元に根を張った国衆の話の方が、個人的には興味があります。
なので、過去の大河では伊達や毛利、黒田や真田の物語はとても楽しく観ていました。
まあ、伊達や毛利は有力大名になって行った反面、井伊はそのような派手さは無いので、これからどのように話を持っていくのかは非常に興味がありますね。

直政では無く直虎を主役にしたことが活きればいいなと

本来ならば、家康の下で数々の武勲を挙げ、井伊家を譜代筆頭まで押し上げた直政が、大河の主役としては相応しかったはずなのですが、そうでは無く敢えて直虎を主役に選んだ狙いにも注目しています。
女城主だったからという理由だけでなく、大大名に囲まれて常に争奪の地となっていた遠江にあって、まさに綱渡り状態だった井伊家をどこまで魅力的に描かれるか。
この辺りが上手くいけば、面白い大河になるのではないかと期待しています。

何はともあれ、いつぞやの大河のように途中で観なくならなければいいなとは思っています。