やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

海賊とよばれた男

広告

最近、公私ともに忙しくなって、映画館からも足が遠のいていたのですが、久々に時間ができたので行ってきました。
今回観たのは、この海賊とよばれた男
小説を事前に読んでいたので、楽しみにしていました。
さすがに、結局やらされた男のポスターは貼り出してなかったですが。

2時間以上の長編映画でしたが、原作自体がもともと2分冊の長編小説だったので、物語はあっという間に過ぎ去った感じでした。
戦後の会社復興を主な時間軸として、過去を振り返るという形で国岡商店の黎明期を見せるという手法が取られていて、上手い演出だと思いました。

後はキャラクターも活き活きしていて良かったです。
特に岡田准一さんの熱演が光っていました。相変わらずとても演技が上手いです。
また、近藤正臣さんの演技も原作に近かったです。

観るのがとても遅くなったのですが、結論は観れて良かったと思いました。
やはり映画はいいですね。
今年は時間を作って、もっと映画を観てみようと思います。