読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

使用料を徴収するのがJASRACの「音楽の振興」なのでしょうか?

社会

JASRACが使用料を払えと督促した結果、MIDIコミュニティが崩壊していったのを目の当たりにした身としては、悪夢再びという印象を持ちました。
少なくとも、長い間使用料を取らなかったのに、今になってなぜ徴収を言い出したのか、少なくともJASRACには説明責任は発生すると思います。

以前、JASRACについて批判的な記事を書いたことがあったのですが、その時に浅薄な意見だとコメントで批判されました。
ただ、公共の機関であるなら、そんな疑いの目で見られることに対しても説明をするべきであるのに、一切説明もせずにただ使用料の徴収に走るだけというのは、個人的には理解に苦しみます。
まあ、JASRACが音楽文化の振興に責任を持たずに、単に音楽著作権の使用料を管理するだけの団体であるなら、話は別ですけどね。
ただそんな団体に過ぎないのなら、果たして我が国の音楽文化の振興に有益な団体であるのか?とは思いますね。