やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

ネットの普及で新しいボトルネックが発生したというところでしょうか

ネットの普及で、自宅に居ながらして様々な商品が注文できるようになりましたが、その分、自宅まで商品を持っていく宅配便に負荷がかかるのは不可避ではあったと思います。
更に送料を無料にしたり、時間指定を行なったりと、サービスを拡充していった結果、現場に相当なしわ寄せが行ったように思います。
特にアマゾンなど、ネット販売業者は価格交渉力が大きいですから、宅配業者はかなり不利な条件を飲まされていたのではないかと思います。

個人的にはネットで注文することが多いので、宅配業者も含めてwin-winな関係になればいいと思っています。
翌日配達の緩和や料金の値上げも、選択肢として必要になると思います。
消費者が利便を享受していることは、それに対する企業側の努力もあるわけですし、そのことに対して正当な対価が支払われるのは大事なことだと思いますね。