やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

著作権使用料を請求する明確な線引きは公表されるべきだと思います

広告

疑わしきは全て請求するという姿勢のようですね。
以前の日記でも書きましたが、著作権者に正当な報酬が入ることは大切なことだと思いますが、使用料の徴収を厳格にする余りに、音楽が自由に活用できなくなるのは社会的損失と言っても良いと思います。

また、このような姿勢を取ることで、著作権使用料の徴収が恣意的、不公平さを伴う危険性はあると思います。
請求する明確な線引きを公表し、大多数の人々が納得できる基準を提示することは、徴収する側の義務だと思いますけどね。