やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

国政と地方政治とを混同する既成政党の姿勢に違和感を覚えた東京都議選

広告

今回の東京都議選は、都民ファーストの会の圧勝で決まったようで。
大阪府民なので、かつて大阪府・市で起こった大阪維新の会の大躍進とかぶりました。
かつての大阪もそうですが、馴れ合いで地方政治を行なってきたツケが回ったのではないかと思います。

ただ、東京都という一自治体の代弁者を選ぶ選挙のはずなのに、メディアを見る限りでは、いずれの既成政党も国政への言及がほとんどだった点に違和感は感じました。
特に野党側が顕著でしたね。
森友問題や加計問題が、果たして東京都政に関係あるのでしょうか?
国政で議論すべきだとは思いますが、わざわざ東京都議選で話題にすべき問題ではないと思うんですけどね。

地方政治を国政の前哨戦とだけしか捉えられていない。
この既成政党の姿勢が、既成政党離れを加速しているのではないかと思います。
特に民進党は、東京都議会では議席を維持したようですが、かたや大阪府議会では1議席のみですし、大阪市会では議席ゼロですしね。
このような体たらくになった原因は、せめて徹底的に追及すべきではないかと思うんですけどね。
他党批判はそれからでしょう。