やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

コンパクトシティ化しかないでしょうね

人が関わっているという点では、街も生き物だと思います。
生き物として考えれば、誕生がある一方で死も当然ながらあると思います。

以前の日記でも書きましたが、人口減少局面では三大都市圏、特に首都圏に向かって人口が流れるため、人口減少のテンポ以上に地方では過疎化のインパクトが大きくなると思います。
ましてや、財政が厳しい地方自治体も多いでしょうから、早晩、夕張市のような自治体は続出するでしょう。
だからこそ、都市機能を集約するコンパクトシティの考え方は、これから重要になると思います。

ただ、今のような野放図な住宅開発が続けられたままでは、コンパクトシティ化を進める前に地方自治体そのものがもたなくなると思います。
既得権益の問題もあり、開発規制はなかなか難しいとは思いますが、先のことを考えれば、メリハリの効いた開発規制は不可避だと思いますね。