やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

紀伊半島の旅2017・4日目

広告

今回宿泊したのは、串本駅の山手にある串本ロイヤルホテル。
夕食なし朝食ありのプランで、朝食はバイキング形式でした。
このようなプレートが用意されていたので、ついつい色々と選んでしまいました。

高台にあるので、オーシャンビューの部屋や露天風呂からは橋杭岩を眺めることができます。
串本駅からは少し距離がありますが、送迎バスが利用できるので、良いホテルだと思います。

串本ロイヤルホテル

ホテルをチェックアウト後、再び串本駅へ。
新宮行きの普通電車をホームで待ちました。
乗り損ねたら、次の新宮行きは特急でもほぼ1時間40分後。
乗り継ぎにも緊張感が出ます。

串本駅から電車に乗り、きのくに線東端の新宮駅へ。
車内にはこのような津波の時の案内が貼られていました。
海沿いを走る鉄道なので大切な案内ですが、和歌山らしくて何か癒されるイラストでした。

JR西日本JR東海の境界駅である新宮駅
駅名標JR西日本のものでした。
ここからは多気行きの普通列車に乗り換えです。
列車はJR東海のキハ25形。
紀勢本線新宮駅以東から非電化なので、どうしても乗り換えが必要なんですよね。

熊野市駅に到着。
この岩は、駅のホームに飾られている那智黒石。
那智黒と言っても黒飴の方ではありませんが。
ここから送迎バスで入鹿温泉へ。

入鹿温泉へ行く途中に、丸山の千枚田に立ち寄りました。
我が国随一の棚田だそうで。
本当に壮観ですね。

入鹿温泉に到着。
この温泉は瀞峡めぐりの小山口乗船場に近く、目の前の北山川が観光船のルートになっています。
北山川沿いを散策していると、目の前をウォータージェット船が通過していきました。

また、隣に湯ノ口温泉があり、入鹿温泉とはトロッコ電車で行き来ができるようになっています。
これらの温泉があった場所は、かつて鉱山があったため、鉱山用トロッコ電車の一部路線を活用して、両温泉の行き来に利用しているそうです。

このトロッコを利用して、今回は2つの温泉を堪能。
何となく得をした気分になりました。
紀伊半島には本当に多くの温泉があるので、一度に全部は回れませんが、それでも多くの温泉を堪能できて良かったです。
次は行けなかった他の温泉にも行ってみたいですね。