やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

自由な言論を萎縮させるだけの「ネット自警団」

司法においても、未だに数多くの冤罪が生まれている現状を考えれば、「ネット自警団」がどれだけ誤りを産むかは想像に難くないと思います。
誤りを批判するなとは言いませんが、個人が対象を特定することについては、もっと慎重になるべきだと思います。
場合によっては、名誉毀損で損害賠償請求をされることもあるでしょうし。

誤りを指摘するにとどめずに、単なる私憤から相手を吊し上げるような「ネット自警団」の行為は、結局はネット上の自由なやり取りを萎縮させるだけだと思います。
特に今回のような政治的信条の違いから、このようなことは起こりやすいですが、自分と相対する意見の背景に何があるかを冷静に考えることも必要だと思いますね。

まあ、これはネットに限らない話ですが。
ただ単に、相手を罵りあっているだけでは、社会の分断は広がるだけだと思います。