やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

一番搾りが好きだっただけに個人的にはイメージダウンですね

キリンのような一流企業であればこそ、生産性を向上させるために合理的な企業行動を取ると思っていたのですが。
これは生産性向上とは真逆の行動ですね。
こんなことをしているからアサヒに負けるのだと思います。
一番搾りは商品としては大好きなだけに、キリンのこのような体たらくは非常に残念です。

おそらくは、シェア1位が長らく続いてきたために、殿様商売的な企業体質が抜けきれていないのではないかと思います。
このような企業の状態では、トップダウンのやり方はかえって逆効果でしょう。
むしろ、キリンへの逆風を肌で感じている若い世代からの、ボトムアップによる企業風土の改善から始めることが重要だと思うんですけどね。

昭和の時代によく言われた「大企業病」の、現代における典型的な例の一つかもしれませんね。