やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

タレントに限らず働く人が正当な対価を得るためには大切な施策だと思います

タレントに限らず、働きに対する対価を出し渋ることで利益を上げようとする企業はよく見かけますので、それらの企業に対する抑止になればとは思います。
まあ、労働契約であろうと請負契約であろうと、働くことに対して正当な対価を与えない企業が長続きするとは思えませんが。

ただ、働く側は企業に対して立場が弱いことが多いですから、このように行政が動いてくれるのは大切なことだと思います。
もっとも、こういうものは労働組合あたりが機能すればいい話なんでしょうが。
我が国の労働組合は、いささか活動がずれてるような気はしますね。