やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」完結

最後まで観ていました

今年の大河ドラマも、昨日ようやく完結しました。
一応、最後まで観ていましたが、観終わった感想としては、前作のプレッシャーは凄かっただろうなというところですね。
真田丸があまりにも面白かったので、なかなかハードルを下げて観ることが難しかったのが正直なところです。

今川家の描かれ方などは斬新でした

今回、特筆すべきところがあるとすれば、今川義元・氏真父子の描かれ方ですね。
特に戦国時代を舞台にした大河ドラマでは、今川父子は引き立て役で終わることが多いのですが、戦国大名としての今川義元の凄味や今川家「滅亡」後の今川氏真の処世術など、詳細に今川家そのものが描かれたのは良かったです。
また、「尼御台」寿桂尼がしっかりと描かれたのも良かったです。寿桂尼あっての今川家だったのは史実でもその通りでしたし、そこが細部まで描かれていたのは歴史フリークとしては結構楽しめました。

井伊直政を描くのにもっと時間を割けば良かったのではと思いました

ただ今回、主人公として直虎を延々と描くのは無理があり過ぎたと思いますね。
直虎の物語というよりは、直政が彦根藩を立藩するまでの井伊家の物語にしていれば、もっと面白いドラマになったのではないかと思います。
志半ばで倒れた井伊直親や小野但馬など、個々の登場人物の描かれ方が良かっただけに、それを直虎が受け継ぎ、最終的に直政の活躍ぶりに時間をかけて描いていればもっと面白くなったと思います。
描き方については健闘したと思うだけに、女大河のジンクスを破ることが出来なかったのは残念に思います。

来年はまた幕末、それも西郷隆盛を描くということで。
近年は戦国時代や幕末を舞台にした大河が多すぎるのが気になりますが。
まあ、来年も最後まで観ることが出来ればと思います。