やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

ドタキャン対策に向けての第一歩かなと思います

大人数の予約のドタキャンで、個人営業の飲食店が大損害を被ったり、大量の食材が無駄になると言った話がSNS上でよく話題になっていましたしね。
キャンセル料を取るのが一番良いですが、現実的には難しそうですし、個人信用情報と同様の考え方でドタキャンに対してペナルティを課すということがまずは第一歩だと思います。
その上で議論を重ねてより効果的な対策を探っていくことが重要だと思いますね。

小規模な飲食店にとっては、大人数の予約のドタキャンそのものが業務妨害に等しい行為です。
本来であれば、刑事罰を課したり損害賠償請求を行うことで抑止力が働けばと思うのですが、警察や司法の動きを見ていると現行の法制度の下では難しそうです。法改正を働きかけることが必要でしょうね。
残念ながらドタキャンをする利用者側のモラルハザードの改善は望み薄でしょう。相手に迷惑をかけても平気な人種というのは社会には少ないながらもどうしてもいますしね。
この場合は性善説に立つよりも、性悪説に立って厳罰で望むのが正解だと思いますね。