やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

ネガティブな情報の方が記憶へのインパクトが大きいのだろうと思います

これは認知能力がどうこうという話以前に、ネガティブな情報の方が記憶へのインパクトが大きいのだろうと思います。
それは大抵の人が無意識に性悪説に立っているからだと個人的には思います。

「外見は良さそうな人だけど、陰で悪いことをしているのではないか」
こう思っているところへネガティブな情報が入ってくると、
「やはり、こう言う人だったのか」
と結論づける人は多そうな気はします。
これが事実を信じるのではなく、信じたいことを信じることに繋がっていると思いますけどね。

この辺りがフェイクニュースを真に受ける人が多いことに繋がっているのかなと思います。
だからこそメディアは真実を報道することにプライドを持つ必要があると思うんですけどね。