やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

銀河英雄伝説 Die Neue These 第10話「幕間狂言」

不毛な会議が続く同盟

ついに、あのフォーク准将が登場。
役が神谷さんだったのは意外でしたが、苛立つ言葉を淡々と話すあのフォークの台詞を聞いていて、思ったより違和感は感じませんでした。
神経質さを前面に出した古谷さんとは異なったアプローチですが、全然良かったと思います。
それだけに、ロボス元帥の無能ぶりが前作よりも際立っていたと思います。

覚悟を決めヤンに後事を託すシトレ元帥

一方で、引責辞任勇退かという二者択一の選択しかない立場に追い込まれたシトレ元帥。
自業自得と自嘲していましたが、慢性的な戦争で社会が疲弊している同盟の現状を考えれば、帝国の侵攻拠点を失わせること自体は戦略的には間違っていなかったと思います。戦術的には奇手でしたが。
問題は想定以上の大勝利が、同盟の政治家、しいては同盟国民の判断を誤らせてしまったということですね。
このことは現実の世界でも十分あり得る話ではあります。
「勝って兜の緒を締めよ」という言葉がありますが、正に言い得て妙だと思います。

銀河帝国自由惑星同盟の大規模な激突へ

対する帝国は、政治的思惑もあり、ラインハルトに迎撃の勅命が降下することに。
単に勝つだけではなく、同盟の遠征軍を完膚無きまでに叩きのめそうというのが、まさにラインハルトですね。
キャゼルヌの懸念が現実のものになりそうです。

次回は「死線[前編]」ということで、ラストの2話で帝国と同盟の死闘が描かれることに。
有終の美を飾ることが出来ればいいですけどね。