やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

文化の発展に資するために著作権が認められていると思うのですが

もう大昔ですが、MIDIについてのJASRACの騒動をリアルタイムで見ていた身としては、JASRACの行動は、音楽文化の発展にはあまり重きを置いていないと個人的には感じています。
まあ、そもそもが権利者を守るための団体なので、仕方がない面はありますが。

ただ、音楽教室への負担増が果たして、我が国の音楽文化の発展に資するのかという観点は必要だと思うんですけどね。
そこで教わる子供たちの中には、将来の我が国の音楽文化を担うアーティストの卵がたくさんいるでしょうし。

他者の音楽を利用して利益を上げる人から使用料を徴収するのは論を待たないと思います。
問題は習作の発表をどこまで認めるかという事でしょう。
大昔のMIDIに関するJASRACの行動に批判が集まったのも、その点もあったと思います。

著作権に限りませんが、権利が認められているのは、社会の発展に資することも一面としてあると個人的には考えます。
権利の擁護と音楽文化の発展。
この双方に配慮した活動が求められているのではないかと思いますね。