やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

あくまでも推測ですが

あくまでも推測ですが、我が国ではそれほど鰻の需要は多くないのではと思います。
土用の丑などのイベントで、スーパーやコンビニエンスストアが販促に乗り出す結果として需要そのものが作られる。
まあ、中国をはじめとする諸外国での需要増加や、その中で鰻が希少になりつつあることも原因かもしれませんが。

ただ、無理に需要を喚起することさえしなければ、普通に鰻についても神の見えざる手が働くだけだと思いますけどね。
どうしても食べたい人は大枚をはたいて食べようとするでしょうし。

クリスマスや恵方巻き、そしてバレンタインデーなど、イベントにかこつけて販促を行う手法は、特に高度経済成長期に多用されてきた手法ですが、人口減少社会においてはかえって弊害ばかりが目立つようになってきた気はします。
そろそろ我が国においても、別のビジネスモデルが指向されてしかるべきだと思いますね。