やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

新九郎、奔る! 第1巻読了

究極超人あ〜るの新刊とともに待っていたゆうきまさみ先生の歴史マンガですが、ようやく読み終わりました。
ちなみにあ〜るの新刊は買いそびれたので重版待ちです。

ヤマトタケルの冒険」以来、ゆうき先生には再び歴史物を描いて欲しかったので、読む前からとても期待していましたが、期待を軽く超える凄い作品になっていました。
特に、近年の研究内容で明らかになった、室町幕府政所執事世襲する伊勢氏の一門としての伊勢新九郎(後の北条早雲)像が描かれたのは非常に新鮮さを感じました。
その伊勢氏一門を中心として、応仁の乱前夜の室町幕府内の政争が多面的に描かれていたことも新鮮でした。
キャラクターの造形も、後に応仁の乱の東西の総大将となる怜悧な細川勝元と豪放な山名宗全入道、それぞれの描かれ方が実にゆうき先生らしいと思いましたね。

あえて現代の言葉遣いでセリフを言わせたり、ところどころでギャグを挿入したりなど、単に史実だけを追うのではなく、人の営みとしての歴史の面白さが追求されていて、とても好感が持てました。
月刊連載なので長丁場になると思いますが、是非最後まで描いて頂ければと思いますね。