やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

パワハラ上司が幅を利かせる企業は今後更に自滅するでしょうね

少子高齢化で人手不足が確実視される時代に、このようなパワハラ上司が幅を利かせていたら、有能な人材はその企業には集まらないでしょうし、やがては自滅していく一方でしょうね。
このような上司が使う常套文句は、「昔からこのやり方で成功していた」とか「こんなことで潰れる人間の方が悪い」などと言うものだろうと思いますが、結局は従業員をいくらでも雇えた団塊ジュニアが入社した頃の時代の感覚を引きずっているだけだと思います。
時代が変わっていることを認識する必要がありますね。

労働市場が縮小する中で企業が成長するためには、限られた人材でどこまで生産性を上げるかに尽きると思います。
その手法は様々ですが、少なくとも精神論やパワハラで生産性が上がるという話は聞いたことがありません。
その精神性が我が国の経済を後進的にした遠因であるとも思います。

より合理的なビジネスの考え方が浸透しないと、我が国は凋落の一途をたどるだけでしょう。