やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

批判するためなら何をやっても良いではないですね

新潮45の騒動については、さすがに編集部もやり過ぎだと思いましたし、批判が出るのも当然だと思っています。

ですが、それとこの落書きは別問題だと思います。
これでは批判ではなく誹謗ですし、これもやり過ぎだと思います。
批判するためなら何をやっても良いではないですね。

特にSNSで目立ちますが、政治信条が異なる人に対し、寄ってたかって悪 罵倒する人々をよく見かけます。
自分が完全無欠に正しいと信じての行為なのでしょうが、メンタリティはいじめっ子と同じですね。
その「正しさ」が罵倒することの免罪符にはならないでしょう。
むしろ、罵倒する姿そのものを、周囲がどう見ているかについて想像力を働かせるべきだと思います。

正しいことを言っていても、その言っていることそのものに嫌悪感を感じることは往々にしてあります。
他者に正しく自分の思いを伝える方法は常に考えたいですね。