やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

「矛盾」を解消しなければマイナンバーカードは普及しないでしょう

スポンサーリンク

この記事の中にある、下記の山本一郎氏の意見に完全に同意です。

現在のところ政府としては国民が常にマイナンバーカードを携帯して、店舗での買い物などの際に一種のポイントカードとして使ってほしいようですが、そうしたポイントカードに無闇に他人に知られてはいけないはずのマイナンバーを記載しておく必要はまったく不要なのではないでしょうか。

機微情報であれば、ICチップに情報だけを載せて表面に記載しなければいいはずなんですけどね。
現に運転免許証の本籍地はそのようになっているわけですし。
ましてやマイナンバーそのものは第三者に知られてはいけないわけで、そのような状況下でマイナンバーカード利用を促進するのはまさに「矛盾」と言うべきもので、さすがに無理があると思います。
今までの住民基本台帳カードの方がよほどマシでしょう。

まずはマイナンバーカードからマイナンバーの記載を無くすことから始めないといけないでしょうね。
その上で運転免許証やパスポートなどの電子申請ができるようになれば使う人も出てくるのではないかと思います。
まあ、今の縦割り行政の状況下では、それさえも難しいとは思いますけどね。