やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

経営者は本気で労働法規を学ばないと痛い目に遭いますね

さすがに呆れるしかないというところですね。
特にいわゆる小規模企業で労働基準法などの法規を理解していない経営者は多そうです。
罰則規定や損害賠償請求などの法務リスクもさることながら、法令違反で公表されることによる風評リスクも伴うので、特に中小企業の経営者は労働法規を自分自身で学ぶことや社会保険労務士などのプロに相談することを強くお勧めしたいですね。
いざリスクに晒されたら一発で倒産の危機ですし。

特に4月からは、働き方改革関連法の施行により年5日の年次有給休暇の確実な取得が「中小企業も含めた」全ての企業に義務化されます。
今は猶予されていますが、他に2020年4月からは「残業時間の上限規制」、2023年4月からは「月60時間超残業の割増賃金率の引き上げ」がそれぞれ中小企業においても適用されますので、労働法規に関する知識はもはや経営者にとっては必須の知識であるとも言えますね。

労働基準法が適用されない」などという戯言を言ってないで本気で対策を取らないと、経営者は洒落にならないほど痛い目に遭うでしょうね。