やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

そもそもコンビニの24時間営業は社会インフラとして必要なのでしょうか?

FC本部のセブンイレブン側の対応や件の店のオーナーについての風聞、さらにはユニオンの動きなど、メディアやSNS上では情報が錯綜し過ぎているので、セブンイレブン側と店のオーナー側、どちらが正しいかは不明な部分がありますが、ただ、個人的にはコンビニの24時間営業が社会インフラとして必要なのかとは思いますね。

大都市の都心や車両の通行が深夜にも多い道路沿いなどは別として、深夜に店を開けることの費用対効果が果たして高いかは疑問です。
大手飲食チェーンにも言えることですが、何も一律に24時間営業にこだわる必要はないと思います。
そもそも人手不足で人件費は上昇する一方ですし、何よりも労働時間の短縮という現在のトレンドにも反しますしね。

まあ、今の労働市場の動向などを踏まえると、近い将来にコンビニ各社や飲食チェーンは一律での24時間営業の看板を下ろさざるを得ないでしょうね。