やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

地域の活性化には鉄道会社との連携が欠かせないですね

JR西日本地方自治体との連携に積極的ですね。
関西では寝屋川市しかり、奈良市しかり、和歌山市しかり。
ですが、これが正しい道なのでしょう。

鉄道は地元民の利用がなければ運営できませんし、地方自治体も域内を通る鉄道の利便性が高まらないとまちづくりができません。
連携協定などを通じて双方のベクトルを合わせることで、相乗効果が生まれると思いますし、社会の活性化に繋がると思います。

JR福知山線脱線事故が発生した時には、正直、国鉄民営化の負の側面を感じましたが、近年のJR西日本が進めている地域との対話を見ていると、民営化の良い面が出てきていると感じます。

JR京都線高槻駅島本駅の間に新駅を検討するのも面白い話ですね。
周辺の都市開発にも影響を与えるでしょうし。
阪急京都本線高槻市駅と上牧駅の間も距離がありますし、JRの動きが阪急にも影響を与えるかもしれません。
いずれにせよ、前向きな話なので歓迎すべき話だと思います。