やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

規格統一と消費者の利便性とマーケティング

私も日経の朝刊を読んで驚いた口だったのですが………この記事を読む限りでは、劇的な展開がなされたという雰囲気でも無さそうですね。
ですが、消費者にとっては技術的な事がどーのこーのと言うよりも、どれだけ少ない費用で自分なりの満足が得られるかという事(限界効用)の方が重要なのが事実ですしね。「統一規格」が実現出来れば、間違いなくその限界効用は大きくなりそうですし、ここは是非とも奮起して欲しいところですね。

ただ、新しい上位のメディアが登場するたびに引き起こされる規格紛争を見ていると、必ずしも技術的な良し悪しで雌雄が決せられるとは限らないというところが面白いです。
他社への技術供与とか宣伝方法とか、技術以外でのマーケティングな要素も重要になってくるんですよね。世の中は、技術的に良い製品だけが売れるほど単純ではありませんし。
そう言う意味では、マーケティングってのは技術開発と並んで重要なポジションにあるとつくづく実感してしまいますな。