やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

まほらば〜Heartful Days #21 「親・子」

f:id:yaneshin:20161119154232j:plain

関東方面よりも周回以上遅れなのが辛いまほらば
深夜はクール内に収める必然性が無さそうなので、最終回までこのままのスケジュールで放送されそうな雰囲気です。

f:id:yaneshin:20161202184806j:plain

捕獲と言うか拉致される沙夜子たち。
親父さんの丑三に知られてしまったので、とうとう実力行使せざるを得なかったという所でしょうか。
しかし、まひるは本当に無口だな〜と思ってたら、原作では帰国子女で日本語がほとんどうまく話せないという設定だったようで。
と言う事は、物心つく前から海外で過ごしていたのかな?

f:id:yaneshin:20161202184807j:plain f:id:yaneshin:20161202184808j:plain f:id:yaneshin:20161202184809j:plain

何か漁師の親父みたいな風貌の沙夜子の親父さんですが………。
対照的にお母さんが若いと言うより幼いですね。
ご他聞に漏れず、実権はお母さんが握ってるようですが。
それにしても、沙夜子は良家のお嬢さんだったわけですか。
これまでにもそう思われるような描写はありましたが、それならば、あの洒落にならないぐらいの生活力の無さも理解は出来るというものです。

f:id:yaneshin:20161202184810j:plain f:id:yaneshin:20161202184811j:plain f:id:yaneshin:20161202184812j:plain

七変化。(ってほど数は多くないか)
ずっと制服か体操服かスクール水着を着てるところしか見れなかったので、朝美のこの七変化は結構新鮮でした。
でも、確かにネグリジェは刺激が強すぎたかもしれないですけどね。(似合ってましたけども(>をい))

f:id:yaneshin:20161202184813j:plain f:id:yaneshin:20161202184814j:plain

沙夜子と朝美の関係にもビックリしましたが。それでも敢えて沙夜子なりに朝美を育てようとした一事だけでも、彼女の朝美に対する愛情が伝わってくるように思えます。
なるほど、前回のマゾ部長のタロット占いは今回のお話の伏線だったわけですね。
さて、マゾ部長が占った未来がそのまま実現してしまうのか、それともそうでは無いのか。
次回をご覧じろという所でしょうか。