やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

インテル製プロセッサへのswitchの真偽は?

もう既に各地のサイトでも取り上げられている、MacIntel Insideな騒動。
何か、すぐにでもプロセッサが変わるような論調を数多く見かけるのですが、私個人としては少し懐疑的ですね。

と言うのも、プロセッサの変更がそう簡単に実現出来るとは素人考えでも到底思えないからです。
ただでさえOSXへの移行に多大なコストを払ったのに、その上に変更を行う事でアップルにどんな利益がもたらされるのかという費用対効果が全然見えてこないんですよね。
インテル製プロセッサへの移行の可能性を排除しない」、おそらくはこういう趣旨の意思表示に過ぎないんじゃないかと思うんですけどね。(極めて日本的な言い回しですが)

まあ、私自身も、プロセッサが何であろうと現状のMacOSXがうまく動作さえしてくれれば文句は無いわけで、あらゆる可能性を探るという点では面白い話が出てきたなとは思います。
ただ、例のIntel Insideなシールだけは私も嫌ですけどね。
んなもんが貼られていたら、速攻で剥がしますね。
………と、だんだん仮定の話が多くなってきましたが、結局のところは6日のWDCでのジョブズの基調講演で明らかになるでしょうから、その時を静かに待ちたいと思います。