やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

iPodが発売されてから9年

広告

発売と同時に購入した初代iPodですが、通勤時に多くの曲を楽しめることが出来ると喜ぶ反面、最初は何故このような製品を作ったのだろうと首を傾げていました。
今にして思えば、ジョブズMacという殻を破りたかったんでしょうね。
最初は音楽だけだったのが、写真、映像、そして携帯電話へ。
ただの携帯音楽プレーヤーが、ラップトップパソコンよりもお手軽なモバイル端末へと進化するまでに、そう多くの時間はかかりませんでした。

デスクトップパソコンをそのまま屋外へと持ち出すのではなく、敢えて機能を極限までそぎ落とし、その代わりに持ち歩きやすさを追求する。
この柔軟さが無ければ、今のようにラップトップパソコンと携帯電話が同列に扱われるようにはならなかったと思います。
おそらくは、これから先もラップトップとモバイルの垣根は低くなっていく一方なのでしょう。
これからも、アップルには色々と新しい驚きを期待したいものです。