やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

MADLAX三昧

広告

忙しさにかまけて注文するのが遅れてたのですが、今週に入ってようやく今月発売されたMADLAX関係のCDを注文。
今日ようやく届いたので、早速聞いてみました。

inside your heart

inside your heart

まずは、MADLAXのエンディング・inside your heartのシングル。
ジャケットにはオープニングのマドラックスに対して、もう一人のヒロインのマーガレット・バートン嬢が登場。
ようやくこの曲のフルコーラスを聞く事が出来たのですが、期待通りの曲になっていてとても良かったです。
特に間奏部のセンスは光っているなと。よく間奏部はすっ飛ばして聞く事があるのですが、梶浦さんの曲の間奏部はすっ飛ばすのが勿体無いぐらいの出来なんですよね。単なる変奏なんかでお茶を濁したりしてませんし。

そして、もう一方のMADLAX O.S.T.
今回はキャラクターのテーマが主に収録されたそうなのですが、作品中で是非聞いてみたいと言う曲がバッチリと入っていたので私的には満足してます。
収録されている曲はどれも珠玉と言っても良いのですが、強いて挙げるならGalzaとMargaletの2曲がお勧めですね。
Galzaはアジアの小国であるガザッソニカの雰囲気を良く表してるかなと思います。アジア的と言えばクアンジッタのテーマであるQuanzittaなどの方が濃いかもしれませんが、私的にはGalzaの方がソフトな感じがあって好みですね。
そして、私自身が一番聞きたかった曲のマーガレットのテーマであるMargaletはやっぱり素晴らしいですね。特に曲を通じての4分の3のテンポ感や梶浦曲独特のコーラスがたまらないです。
最初はマーガレットと言うキャラクターと曲とのギャップには少し戸惑いを覚えたのですが、慣れてくるとこれもマーガレットの為人を表してるのかなとも思うようになったりとか。(汗)
………やっぱ、梶浦さんの曲は良いですよ、本当に。