やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

政治経済

EU域内なのでこの程度の話で済みましたが

国境石を動かした人も悪気は無かったようですし、国は違えどもEU(欧州連合)域内なので、今回はこの程度の話で済んだようですが。 19世紀の欧州であれば洒落になっていなかっただろうとは思います。現代でも、中東や南アジアなどで偶発的であってもこのよう…

失敗を恐れる我が国社会の風土を克服することがまずは必要でしょう

あの「TRON」の坂村健先生のDX(デジタル・トランスフォーメーション)に関する新著の抜粋と言うことで読んでみましたが、我が国でDXを進める上での課題を明快に指摘されていて、個人的にはその通りと思いながら読んでいました。 早速、坂村先生の新著を読ん…

東芝ココム事件のようなことも起こりかねないですね

かつての冷戦時代を思い出しました。 米中関係の先鋭化に伴って、周辺諸国が巻き込まれるだけでなく、一般企業も大きな政治リスクを抱えるようになってきたと思います。 先日発生した柳井会長の発言に伴うファーストリテイリングの株価暴落は、投資家がその…

江戸時代の闕所という言葉を思い出しました

国が商人からお金を巻き上げるという意味では、我が国の江戸時代の闕所(けっしょ )という言葉を思い出しました。 有名な話では大坂の豪商淀屋の事例がありますね。贅沢を極めたと言う理由で当時の幕府によって闕所(けっしょ )に処せられたとなっています…

最初から完璧を求め過ぎなのではと思います

先行運用の間に問題点が出てきたのは、かえって良かったのではと思います。 問題が見つかれば正せば良いだけですし。 システムが構築されれば様々な方面で利便性が享受出来るはずですし、そこに期待したいと思います。特にマスメディアの記事で顕著ですが、…

私が住宅ローンを繰り上げ返済しない理由

結婚を機に今の家を購入して10年近くが経ちました。 その時に期間10年の住宅ローンを組みましたが、結局、途中で繰り上げ返済をせずに毎月一定額を返済し続けています。 そして、今後も完済する予定はありません。 利息がもったいない? いえいえ、支払利息…

やはり巨大企業が「中小企業化」するのには釈然としないものがあります

以前、毎日新聞社が「中小企業化」すると言う話を聞いて、この日記でも記事を書きましたが、今度はJTBですか。 ただ、シャープの時とは異なり、今回はマスメディアが先鞭をつけていますしね。 さすがに批判はし辛いとは思います。ちなみに、これまでに減…

AbemaTV「NewsBAR橋下」の辛坊さんゲスト回を観てみました

今回、辛坊治郎さんがゲストと言うことで、相当ぶっちゃけた話をすると期待して観てみましたが、期待を遥かに超えるぶっちゃけトークでした。 当時、大阪府議だった松井一郎氏(現大阪市長)と浅田均氏(現参議院議員)による大阪府知事選での橋下さん擁立の…

不具合があれば改善を行えば良いだけですね

巷間を騒がせたAndroid版COCOAの不具合問題ですが。 内閣官房のIT総合戦略室がサポートをするようで、どうやら改善に向けて前進しそうな感じです。 ただ、iOS版にも不具合があるようで、合わせて改善が図られると良いと個人的には思います。今回の不具合に関…

滞っている相続登記などは前に進むと思いますが

法制審議会の答申段階で国会での議論もあるので、改正案の施行までにはまだまだ年月がかかると思われますが、この改正案が施行されれば、滞っている相続登記などは前に進むと思われます。 特に相続による取得を知ってから3年以内に登記申請を行わなければ10…

もっと早く登場すると思っていました

カード番号を裏面に表記するクレジットカードは既にありましたが、ようやくカード番号などを最初から表記しないクレジットカードが登場しました。 個人的にはもっと早く登場すると思っていました。 昔のようにインプリンタで紙伝票に転写することもほとんど…

今後のイギリスの動きが興味深いです

イギリスとTPPという組み合わせにいささか驚きました。 ただ、イギリスは太平洋地域に旧植民地、今ではイギリス連邦の一員となった諸国が点在していますしね。(オーストラリアもニュージーランドもイギリス連邦の一員で、ともに国家元首はイギリス国王でも…

本気で耳を傾ける姿勢が無ければ今まで以上に「分断」が先鋭化するだけでしょう

個人的にはエリート層主導というところに異論はありますが、トッド氏の母国であるフランスは、グランゼコール出身のエリートたちが国を動かす超エリート社会ですしね。エリート中心の考え方になるのは仕方がないのだろうと思います。ただ、アメリカのトラン…

ジャニーズ事務所とGAFAへの公正取引委員会の対応の根底にあるものが分かったような気がしました

表題にジャニーズ事務所と出ていたので、芸能絡みの記事かと思っていたら、昨年9月に退任された杉本和行前公正取引委員会委員長に対する文春のインタビュー記事で、なかなか含蓄に富んだ記事でした。 公正取引委員会(公取委)と言えば、ここ数年は結構能動…

緊急事態を法体系の中に組み込むことは必須だと思います

これらの記事を読んで我が意を得たりと思いました 今回、特措法(新型インフルエンザ等特別措置法)を改正せずに、再び実効性の低い緊急事態宣言発動に追い込まれたのは、政府および国会の不作為以外の何物でもないと個人的には思いました。 議論を行う時間…

単純に規制してもこのように闇市場が生まれるだけでしょう

とりわけ消費者金融については総量規制があるため、個人の借入れには限度があります。 これは借金で厳しい取立てにさらされたり、更には死に追い込まれる人々が出たために定められたものですが、その結果、もともと借金が多い人がコロナ禍による収入減で新た…

月満つれば則ち虧くでしょうね

野口悠紀雄氏のバブルの経済学という本の記述を思い出しました。 明らかに今の状況はファンダメンタルズ価格と乖離しているとは素人目で見ても思いますが、問題はいつターニングポイントを迎えるかというところですね。月満つれば則ち虧くという言葉があるよ…

V-RESASと言うウェブサイトを初めて知りました

この記事で、RESASとは別にV-RESASというウェブサイトも公開されていることを初めて知りました。RESASは内閣府のまち・ひと・しごと創生本部が設けているビッグデータが公開されているサイトですが、PCでの閲覧を前提としたサイトなので、スマートフォンやタ…

いずれにせよ憲法判断が下されるのは良いことだと思います

夫婦同姓について久しぶりに大法廷で審理されるということで、これまでの憲法判断が変更される可能性が出てきました。 まあ、前回と同様の判断になる可能性もありますが。 ただ、社会全体の考え方は時代とともに変化することもありますし、その時その時で憲…

我が国ではまず出来ないでしょう

この台湾の事例は厳しすぎるかなとは思いましたが、おそらくはここまで強権的に抑え込まないと今の新型コロナウイルスの感染は抑止できないのでしょう。ただ、我が国では同様の対応は無理ですね。 法令で定められていませんので。 仮に法令で定めようとして…

やましいことが無ければ反対する理由は無いはずですが

金融資産が捕捉されることを嫌がる人がいるのでしょうが、そもそもやましいことが無ければ反対する理由は無いはずなんですけどね。 もともと所得は大口取引などは国税当局などへ報告が行っているわけですし。税金などの納付や助成金などの受給で預金口座が紐…

年金の原資を増やす意味では当然の行動でしょう

そもそもGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、年金原資の資産運用を目的としていますから、株価が高い局面で売りに入るのは当然の行動でしょう。 運用額が桁違いですので、株式市場に与えるインパクトは大きいかもしれませんが。ただ、GPIFは大口投資…

下請け法の罰則規定を改正しないと意味がないかと

この運用ルールの見直しがなされれば、確かに中小企業の資金繰りに資するとは思いますが。 ただ、下請け法に基づく話というところに、個人的には実効性に疑問を持たざるを得ません。 違反企業への罰則があまりにも軽すぎるので。本気で実効性を持たせたいの…

こう言った「慣習」を廃止することは良いことだと思います

個人的には、パスワード付きzipファイルを添付したメールを送付した後に別途パスワードのメールを送ることに何の意味があるのだろうとは思っていたので、廃止されることは良いことだと思います。 セキュリティ対策と言うよりは、もはや「慣習」と化していた…

方向性が違うように思います

大多数の人が求めているのは、一つのカードであらゆる公的サービスを享受出来ることだと思うのですが。 正直、マイナンバーカードの機能をスマホに搭載しても、あまり役立つとは思えないんですけどね。以前からずっと書いていますが、運転免許証に本籍を掲載…

形式主義が無くなっていくのは良いことだと思います

やれば出来るんだなとは思いました。 結局、押印という行為は慣例の言う名の惰性で行われていただけだったのだと言うことですね。 さすがに不動産登記の実印押印は財産権に関わるので、これまで通りではありますけどね。結局、署名だけでも筆跡鑑定で本人は…

残念ながら再び大阪都構想は否決に

残念ながら、大阪都構想は再び否決となりました。 個人的にはとても残念ですね。 それだけ「現状維持バイアス」が強かったということでしょう 僅差であっても否決されたのは「現状維持バイアス」が働いたことは間違いないと思います。現状を変えることによっ…

やはり毎日新聞の記事は誤報でした

やはり、218億円の数字は誤報でした。 毎日新聞は大阪市財政局の責任にしているようですが。もともとNPO法人によるファクトチェックでも、218億円の記事は根拠不明と断じられていましたしね。 個人的には当然のことだと思いました。むしろ、責任を大阪市財政…

政令市の限界と大阪都構想で示される新たな大都市行政について

日本経済新聞で相次いで政令指定都市(以下、政令市)に関する記事が掲載されました。 これらの記事は有料記事ですが、無料会員になれは月10記事まで無料で読むことが出来ます。メールはたくさんやってきますが。(笑) ただ、これらの記事は、個人的には大…

特別区設置と分市とでは全然異なりますけどね

これは完全に毎日新聞がミスリードを誘っていますね。 記事中の図にもありますが、「4自治体」に分割した場合と書いています。 これは特別区を設置した場合ではなく、4つの市に分割(分市)した場合の試算です。 全く前提条件が異なります。そもそも今回の大…