やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

フェルメールとメイドさん

スポンサーリンク

f:id:yaneshin:20160731124330j:plain
前から興味は持ちつつも、時間が取れずに機を逸してばかりだったのですが、今回ようやく時間が取れたので、ようやく三宮は神戸市立博物館へと行ってきました。
目指すはフェルメールの絵画「画家のアトリエ」の現物。
フェルメールの絵画は一度でもいいから生で見たかったので、行く前からもうワクワクものでしたよ。

で、早速博物館に入って色んな絵を観賞。
ルーベンスレンブラントなどと言った写実主義の大家たちの作品は、やはりその緻密さに圧倒されました。
しかも思ったよりもキャンパスが大きいんですよね。
この大きなキャンパスに少しずつ少しずつ色を塗ってあの絵画群を作り上げるその精神力には、ただただ脱帽するばかりです。
まあ………正直、裸婦は現代の方が良いとは思いましたけどね。(をい)

メインのフェルメールの「画家のアトリエ」は最前列で見るために30分ほど並ばなければいけなかったのですが………並んだ甲斐がありましたね。
まさに感激の一言でした。
もう、絵が迫ってくる感じですし。
ええもん見させてもろたなと思いました。

そして博物館を出た後、昼食を摂るためにKANONへ。
前はケーキやプリンを食べたので、今回はカレーにしたのですが、結構旨かったです。
これでもう少しだけ量があればと思ったのですが、まあなかなか全てを満足させるのは難しいですからね。
無線LANも完備されてるので、食後にラベンダーティーを飲みながらネットをだらだらと眺めているだけでも結構楽しいんですよね。(もちろん、街角ではなかなかお目にかかれない超ロングな髪形のメイドさんを眺めてるのも楽しかったですけどね)
遠方なので、さすがに通い詰めと言う訳にはいかないですが、神戸に行く用があればまた行ってみたいです。