やね日記

或る大阪在住Mac使いの道楽な日々

フルメタル・パニック!TSR・第9話 「彼女の問題」

スポンサーリンク

f:id:yaneshin:20171009070758j:plain

いつもの通りフルメタル・パニック! The Second Raidの感想を。
今度は宗介に去られた後のかなめが描かれています。

f:id:yaneshin:20170909073650j:plain f:id:yaneshin:20170909073651j:plain

今まで保護してきた宗介に去られ、孤軍奮闘を余儀なくされるかなめ。
宗介という目に見える庇護者が消えた事で、一気に心理的負担が高くなったというところですね。
ただ、たとえ彼女がレイスという存在を知っていたとしても、安心感が回復する事は無かったでしょうね。理性では説明できなくても、彼女は宗介という存在に庇護者以上のものを感じていたはずですから。
そして、それは宗介も同じなわけで。
前回までの宗介の描写とあわせて、お互いに欠くべからざる存在になっているということでしょうか。

f:id:yaneshin:20170909073652j:plain f:id:yaneshin:20170909073653j:plain

ただ、彼女が普通のヒロインと異なるのは、ただヒーローの助けを待つのではなくて、自分で活路を見出そうとする姿勢を持っている事ですね。
まあ、一方では年相応な強がりも透けて見えてるんですけども、これはいかにウィスパードとしての能力を持っている存在だと言っても、まだ普通の高校生なんですから仕方が無いですね。
ですが、かなめと玉蘭との丁々発止のやりとりの演出はとても良かったです。
まるで息遣いや心臓の鼓動までが聞こえてくる感じでしたしね。

f:id:yaneshin:20170909073654j:plain

声がおかしいと思ってたら………着ぐるみでしたか。(笑)
で、満身創痍のレイスの身柄を確保したかなめが何を考えているかがとても見物ですね。
おそらくはレイスの情報部員としての力を利用する形になるんでしょうが。
やられっ放しが似合わないかなめがこれからどう反撃を開始するのか。
興味の種はまだまだ尽きないですね。